営業日誌 うっかり人間

このブログを読んでくださっている方なら
うすうすと気がついていると思いますが
私はかなり「うっかり」の多い人間です。

うっかりものというか、うつけものというか
ある部分がかなりダメダメな感じ
ブログの誤字脱字は、いつも後日そっと直しています。

今日はふと見ると、ブログのタイトルの通し番号が間違っているではないですか
ぼんやりが加速しているーーー。

散歩するとキ印の人たちも奇声を上げているし、
とうとう本格的に春が来たようです。


古書市の準備は大分すすみました。
思わぬ本にサインが入っていたりして楽しい。
*阿部敏郎さんと豊田穣さんのサイン本が見つかりました。
海野弘さんの本から「謹呈」の紙片が見えたので、サイン入りか?と思ったら、こちらは違いました。残念。


やっとすこし余裕が出てきました。。

今は古書市の店番にぴったりな襟のついたシャツを
持ってないのが一番の気がかり。
三省堂の皆さんは、いつもパリッとしたシャツを着られていて
カッコいい……。わたしもシャツを着て店番したいです。。。


*追記
きのうも一箱古本が到着しました。さすが3月だなあ。
精神世界本がメインで、プレアデスとかアセンションの文字が背表紙で躍っております。
Mさんありがとうございました