営業日誌 古書市準備メモ

■メモ

8月28日からはじまる三省堂古書市にまとめて持っていくのは

富士見ロマン文庫50冊くらい。
ちくま文庫60冊くらい。
京都書院の文庫の新古品 

鹿島昇本12冊くらい。(もちろん全て絶版)

ややレア本は

みみずく古本市(由良君美)
美少女ゲームの臨界点(東氏の思想地図βが三省堂で売り上げ第一位だったらしいので記念に!)
男の編み物(ニット)、橋本治の手トリ足トリ
北欧の手づくり手帖
怠惰の美学(深沢七郎)

サイン本は
以前ブログに書いたものに加えて

森山大道、佐藤可士和、田辺聖子
クロード・ランズマン、森進一、岩佐なお、藤代冥砂など。
(存命中の著者の絶版・品切でないサイン本は定価以下の値付けです。)